FC2ブログ

Welcome to my blog

中で感じられない女性

Category - 未分類
こんばんは^^

桜も咲き始めた様で、春らしい気候になりましたね。

土曜日はまた少し寒くなるみたいなのですが、最後の冷え込みになりそうですね。

■ 中で感じない女性

挿入時に中で感じないという女性は結構多いです。

その場合、適切な場所を刺激すれば、感じるという訳ではありません。

Gスポットやポルチオなど、適切な場所を刺激しても、感じないという事です。

もともと膣の中はクリトリスの様に感じる場所ではありません。

性感を育てると言いますか、まずは変な感じがするという感覚から始まり、何度か刺激される内に女性自身が「そこが気持ちいい」と認識する事で、気持ちよさを感じる様になり、その気持ちよさをどんどん大きくしていくイメージです。

中があまり感じない場合、あまり中の気持ちよさに拘らない方が良いと思います。

中をどんなに刺激しても、脳が気持ちいいと認識しない限り、気持ちよくはならないのです。

そうゆう場合は、既に感じる場所と並行しながら、膣を優しく刺激する事がベストです。

その場合もいきなり感じる様になる訳ではなく、時間をかけてやっと通った気持ちいいと感じる神経の道を、何度も通る事で少しづつ広くしていき、舗装していくイメージです。

上手な人が刺激すれば、誰でも中で感じたり、中でイケたりする訳ではありません。

時間をかけて、中で感じられる様に施術するのが、りらくゆうのやり方であり、そういった一見遠回りのやり方が結果的に中で感じたり、中でイケる事に近づく方法なのです。

既に気持ちいいと感じる回路ができている女性でない限り、それ以外の方法はありません。

例えば、私は挿入でイコうとする場合、膣とペニスがこすれている事に意識を向けている訳ではありません。

よく男性が「膣が締まって気持ちい」とか「膣が緩くて・・・」などと言っているのを耳にしますが、私自身はあまり気にした事がありません。

イクというのは、精神的にイクという事です。

挿入しているという事自体が、性的にとても興奮できる状況ですし、挿入の際はお互いの身体が触れ合って、女性の柔らかさであるとか、抱き合っている時に感じる気持ちよさや、女性の高まっている声や、感じている時の女性の美しさなど、五感から様々な事を感じているのです。

挿入で感じるというのは、膣の中だけの話ではありません。

単純に肉体の感覚だけに焦点を当てるのではなく、精神的な興奮であるとか、膣以外の感覚であるとか、好きな人と一緒になっているという幸福感など、様々な事を挿入しながら感じる事が、中で感じる為にもとても大事です。

中で感じないという女性は、単純に膣の中だけに焦点を当てるのではなく、違ったアプローチをしてみて下さい。

りらくゆうでは、そのお手伝いをしています。

ご希望の方は、気軽にお申し込み下さい。









スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment