FC2ブログ

性的思考を高めてクンニでイク

2019年02月05日
未分類 0
■ 性的思考を高めてクンニでイク

施術を受けた女性から「クンニをされると痛い」という話をよく聞きます。

私からすると、クンニは手で刺激するよりも、弱い刺激になるので、痛くはならないと思うのですが、痛いらしいのです。

「彼氏がやるのとは違う可能性があるので・・」と言って、私がクンニをすると、大きく感じてイッてしまう女性が多いです。

クンニも正しく行わないと刺激がバラバラになったり、痛みを感じさせてしまう事があるんですね。

実はクンニというのは、女性がイキづらい愛撫らしいです。

手よりも刺激が弱くなりますので、刺激が足りなかったり、慣れない女性だと刺激が強すぎてイケなかったりします。

しかし、クンニする事によって、女性の性的な興奮を高める事ができます。

刺激は少しソフトになりますが「大事な所を舐められている」という性的興奮が高まる事でイク事に近づきます。

クンニに限らず、女性がイク時の肉体的な刺激は弱ければ弱い方が良いです。

例えば、男性でも勃起した時に手で激しくこすれば、射精する事は可能です。

女性なら、電マをクリトリスに当てて、振動を強くすればイケるかも知れません。

でも、それでイッたとして、本当に気持ちいいと感じたり、イッた後に幸福感を感じるものになるでしょうか。

イク時は「肉体的刺激 + 性的興奮 + α」が大切です。

SEXの時は肉体的刺激は男性から与えられるものです。

性的興奮は男性からも与えられますが、女性が思考を使う事によって、自分で高める事が可能です。

今起きている事を漫然と受け止めるのではなく、オナニーをしている時の様に自分で性的興奮を高める思考をする事で、全く同じ行為をしていたとしても、今まで以上に感じられる様になります。

+αというのは、愛情であったり、シチュエーションであったり、五感から感じるものであったり、様々な要素が考えられます。

それら全ての感情や感覚が混ざり合った時に大きな性的興奮を感じる事ができます。

性的興奮を自分で高められる様になれば、弱い刺激でも大きく感じたり、イク事ができる様になります。

実際問題、愛撫をあまりしてくれない男性や、テクニック不足の男性を相手にしていては、肉体的刺激の部分が足りずに、そこまで気持ちが高まらなかったり、高まる前に終わってしまう事が多いと思います。

そうゆう時は、りらくゆうを呼んでもらえれば、自分の性感を高める良い機会になると思います。

最初は、自分で言うのも何ですが、テクニックのある男性を使って、性感の高め方を覚えて、それから彼氏とHをすれば、今までとは違った感覚を感じられると思います。

あと、女性は気持ちとか、要望をもっと相手に伝えて下さい。

気持ちよければ「そこが気持ちいい」とか、「もう少し弱く」とか「もっと舐めて」とか・・自分が思った事なら何でも言う様にして下さい。

りらくゆうの施術でも、気持ちいい時も、逆に痛い時があった時でも、できるだけ言葉に出して言ってもらう様にしています。

気持ちいいと言う事で、自分が気持ちいいんだと認識して、更に気持ちよくなれる事もあります。

特に膣中の開発段階の女性は、気持ちいと自分が感じている事を認識する事がとても大切です。

ただ乱暴にやっている様に見えても、男性は女性に気持ちよくなってもらいたくて、必死に愛撫しているのです。

残念ながら、殆どの男性は正しい愛撫の仕方を知らないんです。

女性はただ男性の行為を受けて我慢するだけではなく、自分が気持ちよくなれる様に言葉を使って、男性の行為を修正していく事が二人の関係の為にもとても大切です。

もちろん、痛いと言ったり、何か言うと、傷ついてしまう男性もいます。

だから伝え方も大事です。愛情をもって「もっとこうして欲しい」とか「優しくして・・」とか、伝え方に気をつけながら、自分の気持ちを表現して下さい。

彼女が気持ちよくなって、イッてくれたり、感じてくれる事が、彼氏の望みなんです。

気持ちを伝える事で、女性も気持ちよくなれて、その姿を見て男性も喜びを感じる事が理想的なカップルの姿だと思います。

気持ちを伝えた時に不貞腐れたり、怒る様な男性なら、別れた方が良いです。

SEXの事でも恥ずかしがらずに話し合えた方がいいですね。

真剣に思っているなら、SEXの事でも真面目に話せるはずです。

気持ちを伝えて解決しない事も多いかも知れませんが、お互いに気持ちを伝えながら歩み寄る事で、今までよりも不満は小さくなると思います。

男性の欲望をただ受けるのではなく、女性も性に対して積極的に参加する事で、SEXに対する認識をもっと女性にとって良いものに変えて下さい。

りらくゆう





スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

りらくゆう
この記事を書いた人: りらくゆう
りらくゆうと申します。女性に癒しの時間をお届けします。

アロマリンパマッサージから、性感マッサージまで、身体ももちろんですが女性の心に触れる事が何より大切な事だと思います。

私との出会いが少しでもあなたの生活にとって癒しになればと思います。
よろしくお願いします。

りらくゆうの女性専用無料性感マッサージ ホームページへリンク

コメント0件

コメントはまだありません